プードルのプリザーブドフラワー

みなさんは母の日に何かプレゼントを考えて母の日のプレゼンらっしゃいますか?

私はこの間、母の日はプリザーブドフラワーをプレゼントしました。
手入れの手間もいらず、生花のような美しさでとてもよろこんでくれました。
みなさんもプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
母の日に プリザーブドフラワー はいいと思いますよ。

プリザーブドフラワーは色も新鮮できれいですし、なにより、手入れをしなくてもいつまでも枯れないのです。
そもそもプリザーブドフラワーとはなんなのでしょうか。
お花であり、インテリア小物でもある。
ここ最近人気が急上昇しているというヨーロッパで生まれたプリザーブドフラワー。
生花に特殊加工を施し、とてもみずみずしいのに枯れないお花です。
そのプリザーブドフラワーの美しさは生花と見間違えそうなほどです。

そんなプリザーブドフラワーですが、可愛いプードルの形をした可愛いものもあるそうです。
おもわず「これがホントに枯れないの?」という感じなります。
保存状態が良好であれば、3年くらいもつと言われています。
お見舞いやプレゼントで鉢植えなどをいただき枯らしてしまった、申し訳ない気持ちでいっぱいになったという経験はありませんか?

しかし、プリザーブドフラワーなら、お手入れ不要で手間いらずです。
逆にお水やりをするのは厳禁なんだそうですよ。
どちらかというと、置物、アンティークに近い感覚で部屋に飾っていただける、もらってうれしいお花ではないでしょうか。

プリザーブドフラワーでコサージュを作ろう

みなさんもぜひ、プリザーブドフラワーでコサージュを作ってみましょう。

最近着々と、世界中にプリザーブドフラワーの名が浸透してきましたね。
本物の生花そのもののように、色が長持ちするということからプリザーブドフラワーはとても人気が出ています。
そのなかでも特に、プリザーブドフラワーを加工しコサージュにするのが人気になってきているようです。

コサージュ作成用のキットなどは、東急ハンズなどにも売っています。
また、加工済みのプリザーブドフラワーなどは、ネット上でも買えますし、それ専用の液を購入すれば自分でも作ることができるみたいですね。

この春・夏はまたカゴバッグが流行する当たり年です。
そんな私もカゴバッグを以前購入したものがあるので、今年また使いまわして使おうと思います。
そこで、私はプリザーブドフラワーを使ったコサージュを作りたいな、と考えています。
造花の花だとどうしても、安っぽくなりそうですので。

その点、プリザーブドフラワーなら花のフレッシュさが、そのまま楽しめますよね。
プリザーブドフラワーバックに付けて歩くだけで、バッグのイメージもガラっと変わります。
プリザーブドフラワー何色も持っていたいですね。
プリザーブドフラワーは自分の好きな花で作れるのも嬉しいですし、花の色味はひとつひとつ異なるので他の人とかぶることはないし、とってもオススメです。
やっぱり今年はプリザーブドフラワーのコサージュがきますよ。

和のプリザーブドフラワー

はじめにプリザーブドフラワーの説明をしていきますね。

プリザーブドフラワーは自然の生の花やグリーンを使って、一度色抜きをした後に、オーガニックの保存液を吸わせ乾燥させたもののことを言います。
造花と違ってリアルな花びらがとっても魅力的で、ドライフラワーと違って瑞々しさを感じることができるのです。

しかし欠点はほかの花と比べて少しお値段が高いことでしょうか。
そしてプリザーブドフラワーは10年持つとたまに書いてあることがあるんですが、私がプリザーブドフラワーを使ってきた印象では3年目くらいから色抜けが目立ち始めますね。

ですので、持って3年くらいと思っておいた方がいいと思います。
あと、最近、和風を意識したアレンジメントのプリザーブドフラワーが増えてきたように思います。
やはり日本には活け花の文化があるので、考えてみたら日本で人気が出るのは当然かもしれませんね。
ドライフラワーだとプリザーブドフラワーのようにならないですし。
生花のようなみずみずしいプリザーブドフラワーだからこそなんですよね。

和風のプリザーブドフラワーは、日本風のインテリアデザインにとっても似合うのはもちろんですが、なぜか、洋風のインテリアにもマッチし、とても落ち着きます。
和風プリザーブドフラワーはどんなインテリアでもインテリアのおさまりがすごくいいと思います。
自我を主張しすぎずに、はかなげに、でもしっかり美しく。
とっても純和風な和風プリザーブドフラワーです。

プリザーブドフラワーのリース

プリザーブドフラワー、アレンジメントなどについて紹介します。

フラワーアレンジメントは、西洋版生け花です。
バスケットなどの花器に盛ったものや、結婚式に使うブーケ、クリスマスなどに壁や玄関に飾られているリース、コサージュなどなど、いろいろな花をアレンジしたものをいいます。

英国式フラワーアレンジメントフレンチフラワーアレンジメントなどというものがあり、ホリゾンタル(水平型)、360度見せるラウンド(ドーム)型のものや、三方向から見せるトライアンギュラー型といった型があります。
和風の花をイメージしたアレンジメントもありますが、デザイナーさんの感性の素晴らしさに思わず感動してしまいます。

駅前の花屋さんで新鮮な季節感いっぱいのミニブーケなど、店頭で売っているものに、思わず手に取って見入ってしまう人もいるでしょう。
お値段も小さなアレンジメントで350円くらいのものから、数千円、数万円の豪華なものまでいろいろあります。

フラワーアレンジメントされた花束は、お誕生日、お見舞い、開店祝い、ご結婚祝いなどなどプレゼントとして多く活用されています。
枯れるのがもったいなくなるほどの、とってもきれいなフラワーアレンジメントです。
アレンジメントを写真に撮って、カードにして友人に贈るのも素敵ですね。

皆さんもプリザーブドフラワーを使って部屋をリースなどで飾ったり友人にプレゼントしてみてください。
必ず喜ばれる事まちがいなしですよ。

プリザーブドフラワー花ギフト

プリザーブドフラワーとはなんでしょうか。

プリザーブドフラワーやブリザーブドフラワーとみなさんには呼ばれているようですが、正しく言うと、「プリザーブドフラワー」というらしいですよ。
プリザーブドフラワーの由来は、「プリザーブ(preserve)」が保存するという意味の英語からきていて、生花にオーガニック系の染料を吸わせて、特殊な加工を施すことで、すずしげな姿や風合い、きれいな花色を長い間保つ加工花のことです。

欧米諸国を中心に発展した新しい技術なのですが、あっという間に多くのお花好きの人々を魅了して、可能性を広げたアレンジメントの花材として今注目を集めています。
ブリザーブドフラワーとは生花を特殊加工して、みずみずしい風合いをそのままに、長い時間鑑賞できるように施したものです。
母の日や父の日のプレゼント、お誕生日のプレゼントなどにマンションへの引越し祝い。
玄関や、台所などの花が飾れない場所に飾るなど様々な贈り物にプリザーブドフラワーはおすすめです。

みなさんも友人知人に喜ばれるプリザーブドフラワーをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
プリザーブドフラワーなどを扱っている花屋さんちょっと紹介しますね。

フラワーアレンジメントの宅配ギフト。
●創作花屋・花の音
株式会社 イン・トゥコーポレーション
住所・北海道札幌市豊平区月寒東5条17丁目7-18-902
電話・011-595-7717 
e-mail・info@hananone.jp

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。